店舗での買い取り方法|専門業者に古書の買い取りを依頼してみよう

店舗での買い取り方法

小銭

比較サイトや口コミ情報など、世間の評価を確認しながら理想の業者を見つけたとしましょう。
では実際にどうやって古書の買い取りを依頼すればいいのでしょうか。

最も一般的なのはその店舗に直接出向くことです。
これまでに何かを買い取ってもらう場合も、やはりその店舗に物を持って行って査定してもらう人がほとんどだと思います。
古書を買い取ってもらう場合も同じで、その店舗に持って行くことで、査定と買い取りをおこなってもらうことができますよ。
店舗に直接古書を持って行くことで、スムーズに買い取りを進めることができます。
査定に少し時間はかかってしまいますが、査定結果をその場で直接聞くことができますし、納得すればそのまま買い取ってもらえます。
もし査定結果に不満が合った場合は買い取りをキャンセルし、次の店舗に向かうことができます。
最も一般的な方法ですし、スムーズに話を進めることができるのは便利なのですが、デメリットとなる点もあるので注意しましょう。

店舗での買い取りを依頼する場合、当然ですが不要な古書を自分で持って行く必要があります。
1~2冊程度であればすぐ持って行けますが、何十冊もある場合は持ち運びが相当しんどいです。
車で移動するにしても、労力がかかることに変わりはないでしょう。
そこまでして納得いかない査定結果に終わってしまったら、まさに骨折り損のくたびれ儲け。
次の店舗に行くのも億劫になってしまうでしょう。

そこで、今回は店舗での買い取り以外の方法も紹介しておきましょう。

Copyright © 2017 専門業者に古書の買い取りを依頼してみよう .